履歴書に書けない程度の読書日記

履歴書に趣味・読書と書けない程度の読書家が書く感想系の日記。 対象はマンガ・ライトノベル等です。 履歴書に趣味・読書(マンガ)とか書く勇気はないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Vアプリ開発に挑戦 最終回

Vアプリ開発に挑戦、第2回目です。

ずぶの素人の私がちょこちょこ必要そうなものを調べた結果…

1.JAVA開発者用(SDK&無線用ツールキット)
2.エミュレータ(Vodafone提供)
3.開発、公開用公認サーバ(登録&許可)

が最低限必要だそうです。
登録が必要だったりしますが、全て無料で手に入ります。

あと、開発するためのPCも必要です。


さて、開発環境を整えるためにダウンロード&インストールしようかと思ったら…

Vアプリが消滅しました。



正確に言うなら Vodafone -> SoftBank への移行に伴い
VアプリからS!アプリに名称が変更されました。

半角英数と全角カナが混ざってるのも気持ち悪かったのに、
さらに半角ビックリマークまで入って…
昔からですが、SoftBank は何か…こう私の嫌悪感を刺激するのが大変上手だと感じることが多々あります。


タイトルにも書きましたが、そんな訳でVアプリ開発に挑戦は今回で終了です。
今まで(2回)、ご愛読ありがとうございました。
この暇人の次の連載をお楽しみに。

ちなみに、「S!アプリ開発に挑戦」を始めるかどうかはまだ考えてません。

スポンサーサイト

PageTop

Vアプリ開発に挑戦 第1回

私はVodafone ユーザーです、最初はデジタルツーカーだったんですけど。
キャリアを変更することなく名前だけが変わっていきました。

デジタルツーカー -> j-phone -> vodafone -> SoftBank

もうかわらんでしょう… SoftBank が携帯業務から逃げ出さん限りは…

で、携帯なんて会話&メールができればいいやという感じだったんですが、
この度、着信音に続き振動機能まで壊れてしょうがなく機種変更しました。
新しい携帯は3G。中身はパソコン。

着うたとか興味ないですが、携帯アプリ開発には興味がある。

全然素人さんの私ですがボーダフォンのVアプリ開発をやってみようと思います。
ここではその軌跡を書いていきます。

第一回は個人ユーザーがVアプリを開発する流れについて調べた結果を書きます。

まず、Vアプリの中身は java だそうです。
java は触ったことがないんですが…
オブジェクト指向プログラミングもやったことないし。
この機会に勉強ということで。

流れ的には、

PCで java 作る (PCで動く携帯エミュレータで動作チェック)
PCからキャリア公認のサーバーにアップ
サーバから携帯にダウンロード
実機動作

だそうです。

PCから直で携帯にアプリを転送できると思っていた…
確かに、危険なプログラムとか勝手に携帯に入れられたら困るのは分かるが…
パケット代が高くつきそう。

世の中そんなに甘くない、ちゃんと会社が儲かるようにできてるなあ…

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。