履歴書に書けない程度の読書日記

履歴書に趣味・読書と書けない程度の読書家が書く感想系の日記。 対象はマンガ・ライトノベル等です。 履歴書に趣味・読書(マンガ)とか書く勇気はないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CLOTH ROAD (4)

CLOTH ROAD 4 (4)CLOTH ROAD 第4巻
漫画:OKAMA
脚本:倉田 英之
ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ
集英社

何かもっと引くかと思われた CLOTH ROAD があっさり開催されてどうなるかと思ったが,
大混乱の上に双子の親父が出てきて終了してた.

今後は親父を悪役に17ヶ月後まで諸国漫遊記になるのかな?
他国のトップモデルが案外弱かったように見えたが,
今後は他国の実態も含め色々ありそう.

この巻では,何気にメイ様がかっこよかったです.

評価:5点満点中 3 点

スポンサーサイト

PageTop

capeta (5)

capeta(カペタ) 13 (13)capeta 第13巻
著者:曽田 正人
月間少年マガジン・コミックス
講談社

この熱い展開がやっぱ,たまらん,色気ないけど.
次回では源VSカペタがみれるんじゃないかと思います,色気ないけど.

この本読んだら無性にシャカリキ!が読みたくなりました.
漫画小屋の本棚漁るか…

評価:5点満点中 3.5 点

PageTop

まじっく快斗 (4)

まじっく快斗 4 (4)まじっく快斗 第4巻
著者:青山 剛昌
少年サンデーコミックス
小学館

昔,続きが出ないことに軽く絶望していた時期があったことを思い出しました.
13年か…私も若かったな.

コナンよりこっちが好きだったので続きが読めて嬉しいです.
ただ,コナンみたいにパターン化して話が進まないという展開は勘弁して欲しいです.

評価:5点満点中 3 点

PageTop

おれはキャプテン (13)

おれはキャプテン 13 (13)おれはキャプテン 第13巻
著者:コージィ城倉
少年マガジン・コミックス
講談社

体育会系の精神論で苦しめられたカズマサ達ですが,
準決勝でかつてのチームメイト,那巳川と対戦.
ここで蝦名が爆発します.

次の巻では決勝だと思いますが,さてどうなるんでしょう?
カズマサは体育会系の精神論に勝てるのか?
個人的には甲子園まで行くのを見たいと思ってます.

評価:5点満点中 4 点


備考)ポニーさん:塚田柚希(ユッキー)

PageTop

Q.E.D.-証明終了- (26)

Q.E.D.-証明終了- 26 (26) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.…証明終了 第26巻
著者:加藤 元浩
講談社コミックス(マガジンGREAT)
講談社


タイムカプセルが出たことによるヒロイン可奈の昔あったできごとを推理する話があった.
推理=殺人,以外の話があるのはやっぱりいいですな.

しかし,人間関係等に大きな変化はなし.
このまま,凸凹コンビによる推理劇というスタンスのまま
永遠に続くんでしょうか?
結構長いこと続いてる作品なだけに,色々やり尽くしていて,
二人の関係を変化させるようなエピソードを作るは大変なのかもしれません.
しかし,かの食通も孫の力に屈したくらいですから,この作品の二人もいつかは変化すると信じています.

評価:5点満点中 3 点


備考)ポニーさん:水原可奈

PageTop

のだめカンタービレ (17)

のだめカンタービレ #17 (17)のだめカンタービレ 第17巻
著者:二ノ宮 知子
講談社コミックス Kiss
講談社

千秋の父親が登場し,今後は親父関係のエピソードが続きそうな予感が…

別に引き延ばしてるような感じはないが,海外編になってから進みが遅いような感じがする.
いいから早く続きを,もっと続きをと思ってしまう.
たぶん,主役(のはず?)ののだめが活躍してないからだろう.
(出番も少ない…)

私は早くのだめの活躍を見たい.

評価:5点満点中 3.5 点

PageTop

悪魔のミカタ666 スコルピオン・オープニング

悪魔のミカタ666スコルピオン・オープニング悪魔のミカタ666 スコルピオン・オープニング
著者:うえお 久光
イラスト:藤田 香
電撃文庫
メディアワークス

久々に出た悪魔のミカタ,新刊.
やっと自分の好きな悪魔のミカタが帰ってきたという感じです.

ザ・ワンあたりから読むのが辛かった.
だって,堂島コウとその周辺の人物が全く出てこなくなったし.

やっぱり悪魔のミカタは堂島コウを中心に据えての熱い展開が一番だと思います.
この巻ではやっぱり最後の決裂のあたりが特によかったです.シビレました.

一連のItの話によって作中の世界がかなり広がっていますが,
このスタイルのまま続きも書いて欲しいです,

評価:5点満点中 4 点

PageTop

狼と香辛料 (4)

狼と香辛料 (4)狼と香辛料 第4巻
著者:支倉 凍砂
イラスト:文蔵 十
電撃文庫
メディアワークス

他にも読む予定のライトノベルが色々あったのですが,
好きな作品なんで他のは積んだままにして
発売したばかりのこの作品を読みました.

さて,4巻は今までの巻に比べると知略の部分が少なかったです.
解決もホロの力で済ませたし.
でも,ちゃんと面白かったので文句はないです.

っていうか相変わらずホロが可愛くて良い.
二人の仲も微妙に親密になってるし.

人気からすると(どれだけあるのか知らないが)
売れてるからできるだけ話を引き延ばしたい,
という意図が混入するのではないかと恐れています.

一読者の勝手な思いですが,
作品問わず作者の構想にそういう余計な要素が入るのは勘弁して欲しいです.
ちゃんと,作品に必要で意味のある延長なら大歓迎なんですが…

あまり引き過ぎると作品の魅力を喰い潰すのではないかという
いらぬ心配をするくらい気に入ってます,この作品.

できれば早めに次の巻が拝めることを祈って…

評価:5点満点中 4 点

PageTop

CROWN-クラウン- (2)

クラウン(2)CROWN-クラウン- 第2巻
著者:中西 達郎
BLADE COMICS
マッグガーデン

み,見難い.
アクションの所とか,よく見ないと何が起こってるか分かり辛い.
前作のドリムゴードの時から感じてたことですが.

この作者さんに関しては大量の伏線(回収されないのも多い)を評価しているので,
そこらへんは我慢します.
でも,人物の見分けが付き難いのはもうちょっと何とかして欲しいかな.

評価:5点満点中 3 点

PageTop

こどものじかん (3)

こどものじかん 3 (3)こどものじかん 第3巻
著者:私屋 カヲル
Action Comics COMIC HIGH'S BRAND
双葉社

けしからん,非常にけしからん.
小学生であんなにエロいなんて.
これは次の巻も買って調査せねば.

本屋にはフィギュア付き特別限定版がいっぱい売ってた.
別にフィギュアには興味がないから買わなかっただけで,
置いとく場所に困るからという理由じゃないですよ.


評価:5点満点中 3 点

PageTop

かんなぎ (2)

かんなぎ 2 (2)かんなぎ 第2巻
著者:武梨 えり
REX COMICS
一迅社

キャラ同士の掛け合い,会話の節々に笑いのセンスを感じます.
そこらへんがお気に入りの作品です.

本筋の話は進みが遅いと感じてますが,
そういう笑い所があるので別に不満はないです.

ただ私の好み,ストライクど真ん中な女の子がいないのが残念です.

評価:5点満点中 3 点

PageTop

椿ナイトクラブ (3)

椿ナイトクラブ 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス)椿ナイトクラブ 第3巻
著者:哲弘
少年チャンピオン・コミックス
秋田書店

登場人物達の相変わらずのバカッぷりが素晴らしい.
この巻で,また濃そうなキャラが増えてましたが,
作品自体がどこに向かってるのか,まったく予想できない…
どうなるんだ?この作品?

さて,今までは,
変態達に振り回される主人公の茜ちゃん(男)が,
この作品唯一の常識人(ツッコミ役)だと思っていました.

訂正します.
この作品には変態しか出てきません.

作中の行動や,この巻で公開された五十六の夏休みの宿題(観察記録)によって
茜ちゃんの性癖が疑惑ではなく歴然とした事実であると明らかに…

評価:5点満点中 3 点

備考)ポニーさん:千草 槙、千歳先生

PageTop

野球しようぜ! (7)

野球しようぜ! 7 (7)野球しようぜ! 第7巻
著者:いわさわ 正泰
少年チャンピオン・コミックス
秋田書店

この巻で因縁のヒヨコ戦(県予選3回戦)が終わり,
色々駆け足で進んでVSホクロ戦(県予選決勝)がはじまりました.
これに勝つと甲子園ですよ.

何かあんまりチームが強くなって行く過程が描かれてないのが残念.
主人公も素人だったのが,いつのまにやら普通にスーパープレイをする天才プレイヤーだったりするし.
ネタ不足?

この作品,ホクロ戦が終わったら終了なんでしょうか…?

評価:5点満点中 3 点

備考)ポニーさん:鷲足 翔子

PageTop

Dr.コトー診療所 (21)

Dr.コトー診療所 21 (21) (ヤングサンデーコミックス)Dr.コトー診療所 第21巻
著者:山田 貴敏
ヤングサンデーコミックス
小学館

呪われた孤島の敏腕医師の話.
島に住む人間,島に来た人間は高い確率で怪我や病気に苦しみます.
でも大丈夫,凄腕の天才医師コトー先生がいるため,死にません,
っていうか死なせてもらえません.

結果だけ言うとこんな感じでしょうか?
某体だけ子供の死を呼ぶ少年と同じですね.

内容はいつも通りの上質な人間ドラマで不満点はないです.
今回の事件は次の巻で収束みたいなんで,次にも期待してます.

評価:5点満点中 3 点

PageTop

うさぎドロップ (2)

うさぎドロップ 2 (2) (Feelコミックス)うさぎドロップ 第2巻
著者:宇仁田 ゆみ
フィール・ヤング コミックス
祥伝社

祖父の隠し子(養女)である6歳の少女りんを引き取ることになったダイキチ30歳.
りんのことを考え,引き取る決意をした1巻.
りんのことを最優先とし,生活や仕事を一変させた2巻.
ダイキチの行動力や保護者としての思考は,
同年代である今の自分を振り返ると,尊敬に値すると思っています.

私には家建てて子供ができた幼馴染(男)や一昨日に2人目が生まれた幼馴染(男)がいますが,
こういう本を読むと何か大きく差をつけられて,負けているような気がします.
もちろん,独身の素晴らしさを手放す気は全く無いですが.

さてこの漫画,子供を育てる上で起こる現実的な話が多々出てくるのですが,
そこら辺は少年誌等では余り見掛けない所なので,私にとってはかなり新鮮です.
そして,気になるのがこの漫画のストーリーがどこまで行くのかということです.
次の巻から小学校に入学するりんさんですが.嫁に行くまでやるんでしょうか?
そこまでやると,感情移入も大きく,かなり泣ける話になりそうだ.
長く続いては欲しいですが,そうなると何年買い続けることになるんだろう…
とりあえず,次の巻を早く読みたいです.

評価:5点満点中 4 点

PageTop

ロリコンフェニックス (1)

ロリコンフェニックス 1 (1)ロリコンフェニックス 第1巻
著者:松林 悟
角川コミックス ドラゴンJr.
富士見書房

皆が口をそろえて言う「お勧めはしない…お勧めはしない…が面白い」
と。

そんな訳で、買って来ました「ロリコンフェニックス」
レジのお姉ちゃんからの扱いがちょっと乱暴だったのは、
交代間際なのに忙しいからですよね………。

私はロリコンなんかじゃないですよ、もちろん。
この漫画の主人公フェニックスと同じく、
少女を狙った凶悪犯罪を危惧する心優しいナイスガイ。
人よりちょっと多めの父性愛が、いろんな場所からドピュッと溢れる
ただの一般人です。

いつもBL団(とフェニックス)にセクハラされる未亜ちゃんがとても心配です。
という訳で続きも買う予定です………純粋な気持ちで。

あと、出来れば「フェニックス VS 音速丸」という夢の対決を見てみたいです。

評価:5点満点中 4 点

PageTop

ホーリーランド (14)

ホーリーランド 14 (14)ホーリーランド 第14巻
著者:森 恒二
JETS COMICS
白泉社

伊沢の過去編が終わり、そして新たな敵が…

というか、話の途中で伊沢(妹)に告白されてましたよ、神代君。
いじめられっことか暗いやつとかを代表した立場として、
不良(DQN)を狩る神代君を応援してきた訳ですが、

彼から童貞代表という肩書きが無くなる日も近いかもしれません。

評価:5点満点中 3 点

PageTop

年上ノ彼女 (5)

年上ノ彼女。 5 (5)年上ノ彼女 第5巻
著者:甘詰 留太
JETS COMICS
白泉社

え~と、年上のょぅι゛ょは卑怯だと思います。
っていうか、次の巻の妊娠とかいう文字が激しく気になります。
最近の展開ではエロいとしか言葉がなかったが、次の巻は嵐の予感。
どうなるんだろう…

評価:5点満点中 2.5 点

備考)ポニーさん:小山内 揚羽(たまに)、詩織(アヤの先輩)

PageTop

はやて×ブレード (6)

はやて×ブレード 6 (6)はやて×ブレード 第6巻
著者:林家 志弦
電撃コミックス
メディアワークス

待ちに待った「はやて×ブレード」の新刊が来ました。
私の購入漫画の中でもトップクラスの評価となっている漫画です。

新刊を買うにあたり…歯を食い縛って、涙を流して耐えました…
ショップ特典の誘惑から。
なんせ、田舎者ですから!!
頼む手段がなかった訳でもないですが、早く読みたかったので諦めました。

さて、この巻では学園祭がはじまってました。
内容も十分面白いですが、
綾那さんのポニー(メイドのホームラン王)が楽しめただけでも大満足。
学園祭が終わる(次の巻)までメイドポニーのままみたいです。
デフォにならんかな、ポニー…

雑誌の誘惑にも負けずに耐えた甲斐あって、この一冊を非常に堪能できたのですが、
また、長い期間待たねばならないのが残念です。

評価:5点満点中 5 点

備考)ポニーさん:無道 綾那,祈 紗枝

PageTop

オトメン(乙男) (1)

オトメン(乙男) 1 (1)オトメン(乙男) 第1巻
著者:菅野 文
花とゆめCOMICS
白泉社

少女マンガを読む男は須く読むべし。
そして、一流の乙男を目指すべし。

最近流行っているらしく、男を磨くためにも是非読まねばならぬ、
という訳で買ってしまいました。

おと-めん ヲトメン [乙男]①乙女的趣味・考えを持つ若い男性。
②料理裁縫など家事全般に才を発揮する若い男性。
③乙女らしい一方、男らしさも兼ねそなえた若い男性。

辞書によるとそういう意味らしい。
若い男限定…、体は熟男、心は乙男というのしか私に道はないみたい。


さて、内容はまぁ、想像つくと思いますが上記乙男の3つの意味
全てを体現する顔のいい高校生が主人公。
相手役のヒロインの魅力が主人公の魅力より少し劣るかなとも思いました。
むしろチャラ男(漫画家)のほうが魅力あるキャラだ…
まだ1巻なのでヒロインの魅力は今後に期待ということで。

ちなみに、使い捨ての悪役キャラ達(男)すら魅了する少女マンガ
「らぶちっく」の内容が激しく気になる。

評価:5点満点中 3.8 点

PageTop

護くんに女神の祝福を! (10)

護くんに女神の祝福を! 10 (10)護くんに女神の祝福を! 第10巻
著者:岩田 洋季
イラスト:佐藤利幸
電撃文庫
メディアワークス

前の巻でエロいことに失敗した護くんは絢子さんとケンカして、
エメレンツィアちゃんとキスしていました。

…そんな話。

この本、本当に少しずつ読みました。
トイレでがんばってる時とか運転してるときとか…冗談です…嘘です…たぶん。
忙しくて読む暇がなかったとだけ言わせてもらいます。

遅々としたスピードで読みましたが、どこを読んでいても読みやすく
内容もいい話だったと思います。

あと、次のエピソード2冊くらいで終わる予定だそうです。
この引き際が絶妙であると私は高く評価しています。

長すぎて飽きがきたかなと思ったところで終わり宣言、あっさり数冊で終わる。
悪くない終わり方だと思う。
これで、ラストエピソードが盛り上がったら言うことなしなんだが…

評価:5点満点中 3 点

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。