履歴書に書けない程度の読書日記

履歴書に趣味・読書と書けない程度の読書家が書く感想系の日記。 対象はマンガ・ライトノベル等です。 履歴書に趣味・読書(マンガ)とか書く勇気はないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

“文学少女”と飢え渇く幽霊

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
“文学少女”と飢え渇く幽霊
著者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
ファミ通文庫

「文学少女」シリーズ2冊目です。
本のページを文字通り食べるグルメ少女と
元美少女ベストセラー作家の少年のお話。

今回のお題は「嵐が丘」。
前回の「人間失格」の時もでしたが、
漫画とライトノベルだけで純文学作品なんて読まないヌル読書家なんで
出てくる作品の中身について語ってくれるのが大変お得に感じました。

知ってる人はもっと楽しめるのかもしれませんが、
「嵐が丘」を知らない私でも十分楽しめました。

ただ、主役の二人に関して情報公開が少ないのがなんとも…
この作品のキモですからおいそれと使い捨てることができないのもわかりますが、
歳とって気力(ガッツ)が減った私は長い目で遅々とした進展を見守るのは無理かもしれません。

起承転結でいうと3巻目は転。次で何かしらの進展がないと追いかけるのはやめるかもしれません。
いいキャラといい設定ですので、面白い展開を期待しています。

評価:5点満点中 3 点

ついでに、前作もお勧めしときます。


“文学少女”と死にたがりの道化

“文学少女”と死にたがりの道化
著者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
ファミ通文庫


こちらは太宰治の「人間失格」がメインです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。