履歴書に書けない程度の読書日記

履歴書に趣味・読書と書けない程度の読書家が書く感想系の日記。 対象はマンガ・ライトノベル等です。 履歴書に趣味・読書(マンガ)とか書く勇気はないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Rozen Maiden (7)


ローゼンメイデン 7 (7) (バーズコミックス)Rozen Maiden 第7巻
著者:PEACH-PIT
バーズコミックス

ローゼンメイデン7巻目が出ました。
仲間が喰われたり、死体が消えたり…
本来の姿であるホラー漫画テイストが強くなってるように感じました。

今回の単行本では、ヒッキーの上にフィギュアオタ属性まで手に入れたジュンは、正に現代社会の申し子と言えましょう。
(リアリティを出すなら2次元属性は必須だと思いますが)
しかし、厨房をオタクの世界に引きずり込もうとするOLは条例的にグレーというかクロだと思います。

 ヒナ… 。・゚・(ノД`)・゚・。
とか、泣けてくる展開でしたが



憎い!



新刊発売直前に『実写版ローゼンメイデン』を見てしまった自分が憎い!

内容はよかったですが、読むほうのコンディションが悪かったので減点(理不尽)。


評価:5点満点中 4 点


ちなみに、買ったのは通常版で限定版ではありません。
別にフィギュア収集癖はないし、3000円って高い。

Rozen Maiden (7) 初回限定版
PEACH-PIT
幻冬舎コミックス (2006/09)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。