履歴書に書けない程度の読書日記

履歴書に趣味・読書と書けない程度の読書家が書く感想系の日記。 対象はマンガ・ライトノベル等です。 履歴書に趣味・読書(マンガ)とか書く勇気はないです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こどものじかん (4)

こどものじかん 4 特別限定版 (4) (アクションコミックス)こどものじかん 4 (4) (アクションコミックス)こどものじかん 第4巻
著者:私屋 カヲル
アクションコミックス
双葉社

感想書くたびに言ってますが,私は教育的な視線からこのマンガを高く評価しています.
決してエロい小学生にハァハァして褒め讃えてるわけではないのです.

一教師(になったつもり)として読むと,個性ある子供達を教育する難しさ等
考えさせられる内容だと思います.
現実的にはDQN親との戦闘という頭の痛い要素も教師にはあるんですが…

さて,ストーリー的に大きく動き,驚愕した今回の単行本.
特別にネタバレ感想を続きに書いてます.

評価:5点満点中 3 点

さてさて,それではこの巻の具体的な感想を.
ネタバレがいやという人は見ないようにしてください.







いままで散々伏線はったりんの保護者レイジの暴走がついに!!
犯されかけたりんが逃げた先は青木の家だった.

この段階でおいおいとか思ってたのに,
青木の家には,ぱじゃま姿の宝院がいた.

そ,そんなバカな.
童貞だと思ってた青木が巨乳に喰われとる.

りんは青木の制止を振り切って逃亡.
雨の中彷徨うりんを探す,レイジと青木.

なんつーか,ゴールデンのドラマみたいですよ,
小学生だけど…

さてさて,最初にりんを探すのはどっち?
それとも他の誰か?
目の離せない状態で次の巻に続く.

だが,次がどうなるかまったく想像つかん.

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。